スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プエラリアの副作用について 

まず、プエラリアはタイで食用として普通に食べられており、その芋を食べるからといって、特別な病気になるようなことはありません。プエラリアの主成分は、イソフラボン誘導体によって構成されており、女性ホルモン作用を持つにもかかわらずステロイドホルモンとは異なる構造で、副作用のない安全なハーブです。このイソフラボン誘導体は、日本国内において、様々な機関で研究が行われており、大豆にも微量含まれており、豆乳ブームなどで有名になりました。 プエラリア・ミリフィカは、なんと大豆の約40倍もイソフラボンを含有しております。

イギリスの科学雑誌「ネイチャー」に、プエラリアに含まれるイソフラボンに豊胸に欠かせない成分であることが発表されました。その成分が「プエラリン」といい、大豆イソフラボンには含まれません。バストアップのためには、このプエラリアのプエラリンが重要です。

女性ホルモン(エストロゲン)を活性化するイソフラボン誘導体(プエラリンなど)を含むプエラリアを摂取することにより、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が盛んになり、乳腺の発達と乳房脂肪の増加が促されてバストアップします。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://puerariax.blog62.fc2.com/tb.php/3-554e8314

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。